簡易書留

世間知らずが書き散らすブログ

電車内で他人の出す音が気になる理由

こんにちは。syokenです。

今回は、年末に帰省した際に乗っていた電車で思いついたことです。

 

電車では静かにしようという不文律

年末に電車に乗りました。

帰省なので田舎に向かう電車だったのですが、そこにはこんな時期にしかもこの方面には珍しく、外国人の家族が乗っていました。

ひとつのボックス席をその家族は使っていて、僕は近くの席に座っていました。

田舎に向かう電車なので、多くの人が最低一時間ぐらいは乗っているわけなんですが、その時間の過ごし方はさまざまで。

スマホをいじる人、読書をする人、お菓子をつまむ人、談笑する人、寝ている人…。

皆めいめいに時間を過ごしているんですが、共通していることは「あまり音を立てない」ということ。

Twitterやりながら、「みんな気使ってんだなぁ」と普段思いもしなことを考えていました。

 

突然のムービーが始まる

 そんなことを考えていたら、何かしらの機械から流れている音声に気づきました。

音源はさきほどの外国人の家族からで、ちょっと気になるなぁというぐらいの音量でした。

なんの動画かわかりませんが、おそらく彼らの国でやっているバラエティ番組のようでした。

そういう動画だと当然、番組のサクラによる笑い声やおおげさなリアクションなんかも聞こえてくるわけです。

見かねたおっちゃんが身振り手振りを交えながら、「音がうるさいから静かにしてくれ」的な文句を言ったことで以降動画の音は聞こえなくなりました(たぶんイヤフォンをつけた)。

 

電車で音を立ててはいけないの?

ここまでが前置きで、ここからが今回のブログの主題なのですが、この状況を見てふと

そもそも電車で音を立てることは悪いことなのか?

 という疑問が湧いたのです。

上に書いた状況は、

動画の音が聞こえる→なんとなくうるさいと感じる→注意する

このように表せます。

つまり、電車で音を立てること=悪いこと、という図式がおっちゃんを注意させるに至ったわけです。

でもこれって本当に正しいのでしょうか?

もしこれが全面的に正しいのであれば、

友達と話すこともできなくなりますよね?

そうなると電車がお葬式状態になりますね。

電車に乗っていて聞こえるのは、車輪とレールがこすれる音や車両のつなぎ目の部分が動くときに鳴る音や、車掌さんのアナウンスだけになりそうです。

なんだかめちゃくちゃ味気ない、人間輸送車になるでしょう。

できることは一人遊びのみなので、コミュ障の方々にはむしろありがたい空間になるかもしれませんが。

 

べつに音を出しちゃいけないわけではない

でも現状友達と話してはいけない、ということにはなっていないじゃないですか。

つまり、電車で音を立てること=悪いこと、という図式は成り立っていないということ。

それではおっちゃんが、動画の音量を下げてくれと言ったことは間違っていることなのでしょうか。

決してどちらかが明らかに悪いということではなくて、きっとこれは固定観念のせいなのではないかと思いました。

どういうことかというと、何かしらの機械を介して発している音は、人間にとって実は心地良いものではないということです。

え?固定観念と心地良いかどうかは話が違くない??とツッコみたいはやる気持ちを抑えて、もう少し話を聞いてください。

 

固定観念の話

ここでいう固定観念は、「乗車中の携帯電話による通話はお控えください」というアレです。

これってけっこう謎な話だなと昔から思っていて。

だってその場で話しているぶんにはOKで、携帯で話すのはNGって「話す」という行為は変わらないのに区別される理由がわからないなぁと。

たしかに電話だとなんとなく大きな声になりがち(特に電車みたいに雑音が多いところでは)ですが、その場で話しているときだって気にならない程度の音量かというとそうでもない。

つまり「通話はお控えください」というアナウンスは、携帯電話がまだ一般的でなかった頃に持っていない人達からの「なんとなくうるさい」という申し出が鉄道会社に殺到したから流れるようになったのかもしれない。

携帯電話が普及し始めて約20年。10年をひとつの年代として捉えるなら、もう2倍の月日が経っています。

この20年間、毎日欠かさずアナウンスを流していれば、電車内の通話はいけないことだというひとつの観念が出来上がるはずです。それがたとえ根拠の弱いものであっても。

 

だんだん範囲が広がっていく

こうなると携帯電話にとどまらず、あらゆる電子機器が発する音はダメなんだ、という共通認識ができあがるのも自然な流れだと思います。

携帯電話による通話も電子機器の発する音も、共通項は「電子機器」と「音」です。

決して無理な援用ではないように思われます。

音楽プレイヤーの音漏れやゲームの音。言わずもがな、聞こえてきたら白い目で見られることでしょう。

こうして、電車内での通話がNGから電子機器による発音がNGに範囲が広がるのです。

 

実は心地良くないという話

どうしてこういうことになってしまったのか?

繰り返しますが、電車内でのおしゃべりはOKで電話や音漏れがNGなのはどういうことなのか?

たぶんこれは人間の構造上、機械を通した音や機械が介在した結果の音が嫌いなんだという考えに至りました。

家族が見ていた動画や電車内の通話も、周りの人のおしゃべりも、基本的に音量に差はないと思われます。

それでも前者がダメで後者はいい、というのはつまるところ機械を通したあの独特な音声が苦手なんだということにならないでしょうか?

人間の耳が自然に頑張って音を拾おうとするので、ちょっと異質な音があると必要以上に拾い上げてしまう。

それに加え、電車内で電子機器による音を発生させることは悪いこと!という観念があったせいで、家族の見ていた動画の音量を注意するおっちゃんという状況に遭遇したのだと思います。

強引ですが、固定観念に裏付けられたものは人間の感覚的なものに拠り、しかもその観念が社会通念上力を持つようになったがゆえに電車内で他人の出す音が気になるようになった、と結論づけました。

よくよく考えるとなかなか不思議なものでした。

 

終わりに

アイキャッチ画像は、「フリー写真素材ぱくたそ」よりお借りしました。

前提として、電車で遭遇した動画の音量はべらぼうに大きいものではありませんでした。

また、それを注意した男性を否定する気も毛頭ありません。

さらにお気づきのとおり、これらの考えは科学的な根拠を調べていないただの仮説の話です。

もし、人体の耳の構造の科学的根拠や通話はお控えくださいアナウンスが流れ始めた経緯など、ご存知の方がいらっしゃれば是非ご教示頂けると幸いです。

最後に思わずつぶやいてしまったツイートを貼って終わりとします。