簡易書留

世間知らずが書き散らすブログ

社会人1年目の振り返り

はじめに

2016年4月〜2017年3月の振り返りです。

前提として、新卒で人材会社に入社し 研修後一貫して法人営業として働いてきたことを振り返ります。

この但し書きは誰に向けたものでもなく、念のためのものです。強いて言えば、自分が記憶喪失になったときのためとでもしておきます。

振り返りが苦手なので、どっちらけにならないよう頑張ります。

何をしたか

この1年間は法人営業として担当顧客を持たせてもらい、訪問や提案・フォローなどある程度一通りのことはやらせてもらったと思います。「ある程度」というのは、発生するパターンが多いこともさることながら、仕事に対して真摯に向き合っていなかったため、その分得られるものが少なかったためです。

 

ここからは、よかったこと(できたこと)及びわるかったこと(できなかったこと)で分けて振り返っていきます。

・よかったこと(できたこと)

①仕事を1年続けたこと

②仕事は力を込めて頑張らないと、何の意味もないうえに何も残せない(対外・対内的にも)と気づいたこと

③改めて興味の範囲が、インターネット、貨幣のあり方、決済、などであると認識できたこと

④プライベートは大切にできたこと

⑤少しだけ世の中の仕組み、ビジネスについて知ることができたこと

・わるかったこと(できなかったこと)

①何も行動を起こさなかったこと

②前向きになれず、日々鬱々と過ごしてしまったこと

③現状打破のための解決策を本気で考えなかったこと

PDCAを回さず、行き当たりばったりで仕事をこなしてしまったこと

⑤仕事に本気になれなかったこと

 

それぞれをもう少し掘り下げて考えてみます。

(予想以上に出てこなくてびっくりした…)

まず『よかったこと(できたこと)』について。

①はかなり低いレベルですね。ただ、根底にずっとあった「仕事イヤだ」という感情を考えると、じつは一番大きいことです。別に続けることが偉いとか、そういったことは一切考えていないですが負の感情にやられても辞めなかったことは、忍耐力に似た何かを養えたのかなと。一方で、辞めるだけの勇気がなく漫然と続けてしまったとも捉えられるので、そこはきちんと切り分けて考えるクセ付けが必要だと感じました。

②は当たり前過ぎてめちゃくちゃ恥ずかしい話ですが、正直どこか仕事をなめていた部分もあったと思っています。「嫌だな」という気持ちが先立つものの、やり続けていれば(意志ややる気がなくとも)うまくいく日が来るだろうと、どこか楽観的に考えてしまっていたと思います。全くそんなことはなく、思考し続けどう変えていくべきか行動し続けないことにはいい結果が伴うことはなく、結局意志が大事であり、その上で万力込めて頑張らないとダメなんだと身を以て知れたことはいいことでした。

③いまや情報をつかむだけならいつでもどこでも可能です。そのため、業界が全然違う場合でもやる気になればいろいろな情報を得ることができるのです。学生のときと変わらない情報チャネルなので、必然的に入ってくる情報はテクノロジーやインターネットに関するそれであり、飽きずに情報収集していたことで自分の興味がそっちであることを強く認識しました。絶対にそっち側で価値発揮していきたいです。

④これは言わずもがな、一ヶ月に1回ペースで旅行に行ったり、変わらないメンバーで遊んだり大切な時間を過ごすことができたことは本当によかった。塞ぎ込んでしまうのでは…と思ったこともありますが、いいカタチで休日を楽しめたことで救われました。

⑤フロントとして一年間仕事に取り組んだことで、どのようにお金は回っており、世の中はどんな価値観なのか、少しだけわかったと思います。日々しんどいですが、始めからバックオフィスだったら事業そのものに携わる機会は極端に少ないでしょうから、いまの感覚を得ることはできていなかったかなと。そういう意味ではよかったと思います。

 

最後にわるかったこと(できなかったこと)について

①これは本当にダメなところで、下手したら一番の反省ポイントですね。現状が嫌だと思うものの、それを変えることや改善することもせず過ごしてしまったのは何も前に進めていないので。つまり思考停止が行動停止につながっていたと思います。

②これも①に被るものですが、どうにか前向きになる、全部じゃなくてもどこか一つでもいいからそうなることで好転したのではないかと思います。

③似たようなことですが、結局本気でなかったのかな?とも。同期は既に辞めている人もいるなかで、そういう選択肢を突き詰めて考えず、取らなかったことは流されるままに自分の人生を生きなかった、だからいまの状況に言い訳できないよねと。

④人間は気持ちが入っていないと、思考ができなくなるんだとこの一年間で初めて知りました。改善をしないと何も変わらないのに、変えたいと願っているくせに願うだけで終わり、という最悪の状態でした。

⑤仕事をすること自体は嫌じゃないですし、本気で向き合えるものがあるなら、やりたいという人間なのでこの状態はつらかった。

今後何をするか

じゃあ今後どうするよ?

シンプルにできなかったことをできるようにする。

つまり、思考と行動を止めないということだと思います。

今後何を目指すのか?どうありたいのか?

ある程度定めて、興味のあることには手を出してみる、ということはやめないことにします。

最後に

振り返りというより、感想みたいになってしまったのですが、今後は少なくとも一ヶ月ごとにどうだったかきちんと考えようと思います。

あっという間に2017年も1/4が終わってしまったので、せめて振り返りぐらいやらないとすぐにおじいさんになってしまうので…

ブログもうまく使っていきます。