簡易書留

世間知らずが書き散らすブログ

異動えんとりー

 退職エントリーはよく見るけど異動エントリーってあるのかな?

無いなら書いてみるか!と思い、書く。内容は入社後1年半の振り返りになる。

 

 9月29日で現職の役目を終え、10月より新しい部署へ異動することになった。

正確には引き継ぎ期間があるため10月2日からいきなり、ということではなく。

来週も同じ場所に出勤するけれど、もう居場所は無いので宙ぶらりんな感覚である。

 

 この1年半はつらい日々だった。

会社に行きたかった日はなく、いつもお腹が痛かった。

自分がやっていることの意義を見つけられず、みんなできることができなかった。

できるようになりたいと思わなかったのでできないままだった。

お客さんとコミュニケーションを取ることが怖かった、誠実に向き合うことができなかた。

休日だけが楽しみで、平日は死んだように過ごしていた。

なんでこの会社に入ったのか、自分で選んだ結果なのに消化することができなかった。

比較する必要がない世界と比較するクセをやめられず、勝手に悩んで塞ぎ込んでいた。

辞めたいと思ったことは一度や二度ではなく、途中から数えることをやめた。

 

 2年目になり、業務にも慣れてきたことで”手なり”で出来ることが増え、ますます結果を出したいであるとか改善をしようとか、頑張ることをやめていた。

結果を出せないことを気にしていないふりをして、自分を傷つけないようにしていた。

本当は少しでもチームに、お客さんに貢献したかった。でもできなかった。

 

 たしかに志向性が違ったのかもしれない。

営業には初めから向いていなかったのかもしれない。

それでも、そんな自分にも少しでも働きやすいよう、

もっとできるようになれるよう、いろいろと教えてくれた諸先輩方や同期に申し訳ない気持ちでいっぱいで。

ずっと異動してやる、転職してやるって考えていたけど、

何も残せず恩返しもできないままに去ることが決まると幾ばくかの後悔の念が湧いてくる。

自分にも、こんな気持ちがあったんだと今更ながらに気付かされた。

 

 何者かになりたくて、その機会をつかむために社会に出たはずなのに、

一番なりたくないダサい社会人になってしまっていた。

生まれたときから不器用で、一回教えてもらったことをすぐにできるような器用さや

効率化してやろうというような要領の良さはなかった。

だからこそ、目の前のことをひとつずつ出来るようにすることが、

一番大事だったはずなのに、頭でわかっていたはずだけど無視していた。

本当にダサい、イケてない社会人になってしまっていた。

 

 今回の異動は自分で望んだ結果だった。

上司やその上の方がかなり取り計らってくれた結果だと思っている。

もうこれ以上、ダサい姿を晒して生きられるとは思えない。

叶うなら、ここから自分が思い描いたビジネスマンになりたい。

これと決めたのだから、一度は集中して取り組んでみようと思う。

経験とスキルを積み、着実にレベルアップしていきたい。

 

 最後に、つらいことが多かったけど新卒後の配属がここで本当に良かった。

人間の難しさとコミュニケーション力の大切さ、ロジックは盤石なものではなく、

非合理的なことや感情・気持ちも大事であること、なにより、仕事の本質はここで学んだことがほぼ全てな気もしている。

もっとシステマチックに合理的にできていると信じて疑っていなかった、頭でっかちな自分には非常に大きな収穫でした。

本当にお世話になりました。