読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡易書留

世間知らずが書き散らすブログ

人生は意志で何とかなる

人生で成し遂げたいことの多くは意志でどうにかなる。

営業成績を上げたければ何とかして上げようと思うこと、スポーツを上達したいと思えば練習を頑張る気持ちを持つこと。何でも、大抵のことは気持ちでどうにかなる。ただ願うだけではダメで、行動をしなくては変わらない。しかしながら意志が無ければ行動に落とすことは難しく、その意味では意志が大切なうえ、極論言えば意志さえ固めてしまえばほぼ成功みたいなものだ。

その道で一握りの人間になれるかは、運と才能の両方が必要だ。これは絶対に間違いない。この但し書きが無いとするなら世の中にはイチローが溢れ、地元のサッカーチームはメッシだらけで、意識の高い大学生は皆ザッカーバーグになれることになってしまう。なので運と才能が必要ない、なんてことは絶対にあり得ないし、意志と行動が揃ってさえいれば一流になれるとも限らない。それでも二流ぐらいにはなれる可能性は高い。何故なら意志を持って行動する人は、それを継続して行うことができるからだ。継続して行えば、大抵のことはそこそこできるようになる。そうすると、初めは嫌だったかもしれないそれも「そこそこ楽しい」ものに変わるだろう。うまくいけば、中の上ぐらいの実力はつくかもしれない。

こういった話を違う事象に当てはめるのであれば、このようにして多くの人は社会に適応するようになる。人間は慣れることに強い。慣れてしまえば手なりでできることも増える。身につけたことをそのまま使えば結果は出るし、少し工夫すれば違う結果が得られる。これほど精神衛生上、また生産性的にも良いことはない。

意志を持って動くことで、物事は前進する。

 

僕は社会に出て半年が経過した。インターン時代も含めれば1年を超えている。であるにもかかわらず、成長実感は無く、実際に成長もしていないのだと思う。強いて言えば多少業務の進め方に慣れ、効率が良くなっているぐらいだろう。ここには意志がない。だから行動が伴わず、結果も得られない。至極シンプルな構図故に、何が足りないのかがよくわかる。ここまでやってきて意志を持てていないことを考えると、正直向いていないと判断しても仕方ないのではないだろうか。向いていない判定を出されるのは全く怖くないし、むしろ決めて欲しいとさえ思っている。

意志が行動において、本当に重要なんだと感じたこの半年間だった。ただひたすらに、才能よりも何よりも意志を持てるものを探し続けたい。