簡易書留

世間知らずが書き散らすブログ

カード決済はどうしたら主役になれるのか?

日本は現金に対する信頼がすごく厚くて、それを証明するかのように20歳超えてるのにカードを1枚も持っていない、なんて人が身近にいました。別にどんな手段で決済しようと、それは個人の好みであり、とやかく言う筋合いはもちろんありませんがもう少し気軽にカード決済する世の中になってもいいんじゃないか?といつも思っています。

 

僕は基本的にカード決済をメインにしています。かれこれこの生活にしてから2年近く経ちます。2年前、僕の周りでカード決済をメインにしている人はほとんどいませんでした。1人だけカードや電子マネーをフル活用している友達がいましたが、本当に彼ぐらいでした。

今回はカードを使うべき!と鼻息荒く提言するのではなく、「こんなに便利だよ」ということやメリットを淡々と書いていきます。今後もカード決済や電子マネー決済についての記事を書いていくつもりなので、今回はこれにとどめてサクッと終わらせようと思います。。

 

カード決済のいいところ

①一定期間でいくら使ったのか正確に知ることができる

②カードを使うことでグレードが上がり、得する場面も増える

③お金を下ろすためにATMを探すという手間がなくなる

④コンパクトな財布でも問題なく、かさばらなくて済む

⑤現金が足りなくて買えない、ということが起きない

⑥お釣りをいくらにするために〜というような思考を必要としないのでストレスがない

 

ざっと書いてみましたが、①と②が一番わかりやすいと思います。

①はレシートをいちいち家計簿アプリに入力しなくても、履歴がきちんと残っているので意識しなくても管理がなされ、レシートをもらい忘れ記憶に頼って入力するよりよっぽど正確です。

また、意外とわかっていないのかなと感じることが、カードを使おうが現金を使おうが一ヶ月に使っている金額の総量は変わらないことです。

カードはどれくらい使っているかわからなくて怖い、という人もいますが、そういう人は仮に現金しか使っていなくても金額を気にしていない場合が多いと思います。使途不明のお金があるくらいなら、確実に何に使ったかわかるカードや電子マネーのほうがよっぽど理にかなっていると思います。

お金に気を遣っている人ほど、カード決済が向いているはずです。

 

ざっくりメリットを書いていきました。

次回はもう少し掘り下げてカード決済について書いていきます!